読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nakokunの日記

Ⅰ型糖尿病の奥さん(妊娠中)の夫の日記です。参考までにぜひ。

「Ⅰ型糖尿病」の「妊婦」の「夫」の日記‗妊娠④‗子供ができるまで(ご懐妊)

病院は近くの九州国立医療センターという病院に行きました。

福岡市内ではかなり大きな規模の病院で、最新の設備も揃っています。

 

産婦人科に行くと、さっそくお腹の中の様子を見ることになりました。

(もちろん私自身は待合室で待っていましたので、

このあたりは妻の話)

 

お腹の中を見ると、

小さい丸いものができているのがわかりました。

f:id:nakokun:20160903135550j:plain

 

こんな感じです。

 

これは胎嚢(たいのう)というらしく、

簡単にいえば赤ちゃんを包む袋、とのこと。

 

子宮内に受精卵が着床するとできるものです。

この胎嚢があると、妊娠していると判定できるそう。

 

ということは、

正式に妊娠していることがわかりました。

 

ついこの前まで不妊疑惑で号泣していた妻は

今度はうって変わって、大喜び。

私ももちろんうれしかったですが、、

なんだかいろいろ突然で驚いた気持ちが大きかったです。

 

しかし、胎嚢ができているだけでは安心できないとのこと。

これからこの袋の中で子供が大きくなるので、

子供の心音を聞くまでは安心できません。

 

ということで妊娠が分かったわけですが、

妻はⅠ型糖尿病です。

 

ここからが大変。

産婦人科から糖尿内科に移動。

 

今度は別の先生に診てもらうことに。

 

(続く)